花燃ゆで感じたことをビジネスに加工する

花燃ゆ 大河ドラマを観て感じたことをビジネスに加工するブログ

毛利敬親の魅力的リーダー思考

視聴率が超不調の「花燃ゆ」だけど先々週放映の「毛利敬親の魅力的リーダー思考」にシビレた!セリフの一部をメモったのでシェアします! 『志あるものの邪魔だてだけはしないと決めている。なぜなら、誰しもその命ついえる節は生き切った!そう思って欲しい…

これからの勉強会の取るべき戦略|吉田寅次郎が久坂玄瑞を松下村塾に誘った言葉に学ぶ

花燃ゆ。アツいですね!吉田寅次郎が久坂玄瑞を松下村塾に誘った言葉『君に教えることは何もない。共に学ぼう』 そして、松下村塾でたびたび聞かれるこの言葉『君はどう思う?』『○○という事実から、どう考える?』『他国では、このような取り組みをしている…

最後にこんなドラマが待っていたとは!軍師官兵衛-最終回まとめ

大晦日を迎える前に、今年楽しませてもらった大河ドラマ軍師官兵衛-最終回に学んだことを書き残します。 これからの人生。ビジネス。に活かしたい。と思ったのは、以下の3つです。 ・「義」その行動に大義はあるのか?・「謀略」いきなり正面からぶつかるの…

黒田官兵衛が秀吉から敬遠されるようになったhow toとwhat

あれほど、溺愛していた秀吉が、官兵衛を遠ざけている。大河ドラマ黒田官兵衛をご覧の多くの方が感じていることだと思います。なぜ?「豊かな才能に恐れているから」そう思われる方が多いようです(私もそうでした)が、組織学の視点から、違った見解を知る…

終わりの意識

黒田官兵衛 第17回にて、官兵衛が語った 「凡そ兵戦の場は屍を止むるの地 死を必すれば即ち生き 生を幸いとすれば即ち死す」 呉子 治兵第三 という兵法の一節。 ビジネスにおいて、多くを学ぶことができると思います。 敵陣に入り込んで謀略をする。 なんて…

小寺政職演じる片岡鶴太郎氏が放つお気に入りのセリフ

黒田官兵衛を困らせる君主。小寺政職を 片岡鶴太郎氏は、絶妙に演じていますね。 頭が切れ、志溢れる黒田官兵衛とは対照的に、 決断ができない。心が定まらず、あっちフラフラ。こっちフラフラな小寺政職。 そんな小寺政職ですが、 私個人的に、好きなセリフ…

企業や組織を守るのは人である

黒田官兵衛の第16回は、「上月城の守り」 と題した回でした。 毛利軍が播磨攻めの際に取った戦法 「三道並進」3つの道から5万もの大群で同時に攻め入る。というもの。 それに対し 播磨の要所「上月城」を守るのは、たった700人 これから、どう守っていくのか…

書写山円教寺えんぎょうじの住所

毛利軍の播磨攻めに際し、 黒田官兵衛が秀吉に進め、 秀吉軍の本陣として薦めた場所。 書写山円教寺の住所は、 兵庫県姫路市書写2968 です。 大きな地図で見る なぜ、お寺が武士に場所を貸したのか? など、疑問が残りますが(強制?) 戦国時代では、し…

黒田官兵衛DVDは予約でも割引できるココがいい

NHK大河ドラマ 黒田官兵衛のDVD予約が可能です。 ★楽天での割引順検索結果はこちら★ 黒田官兵衛役である岡田准一ファンは、たまらない作品ですよね。

黒田官兵衛を称えた山中鹿介の一言

第14回の黒田官兵衛は、 引き裂かれる姉妹と題し、 織田についた黒田官兵衛と 毛利についた上月景貞とが戦うことで、 官兵衛の妻、光と 景貞の妻、力 の姉妹が敵味方に分かれる。 というテーマで描かれていました。 // 私は、 山中鹿介が官兵衛を評価した一…

福原城跡と上月城跡の住所

黒田官兵衛14回の最後に紹介されたのは 福原城跡と上月城跡でした。 福原城跡の近くの住所は以下です。(ちょっと探すのに苦労しました) 兵庫県佐用郡佐用町佐用1506 大きな地図で見る 上月城跡付近の住所は、以下です。 兵庫県佐用郡佐用町上月191 大きな…

竹中半兵衛の菩提寺 禅幢寺ぜんどうじの住所

黒田官兵衛 第13回の終わりに紹介された 竹中半兵衛の菩提寺 禅幢寺ぜんどうじの住所は岐阜県不破郡垂井町岩手1046 大きな地図で見る 岐阜県の垂井町にある菩提山。 竹中半兵衛が居城した禅幢寺ぜんどうじ 紹介されているナレーションにあった 半兵衛は…

官兵衛が半兵衛に教わった軍師が大切にすべきこと

黒田官兵衛 13回も、 メインテーマは、官兵衛の秀吉への想いが、小寺政職の焼きもちを招いてしまうことでした。 部下が直属以外の上司を慕うと直属上司が焼きもちを焼く 官兵衛は、小寺家として成果を上げるため、 秀吉に従う覚悟を見せるため、城を秀吉に明…

黒田官兵衛に学ぶ小さな組織に大切なこと

黒田官兵衛第12回は、長寿丸が人質として信長に差し出す回でした。 そのメインストーリーの裏にある黒田家という小さな組織が取る行動と、決断の本質から学ぶものが多かったと思います。 小さな組織に大切なのは、 君主(リーダー)の人格。 ということです…

信貴山城跡の場所

黒田官兵衛第12回の最後に紹介された 信貴山城跡の場所は、 奈良県生駒郡平群町信貴山(へぐり町) 大きな地図で見る 信貴山城は、松永久秀がいた城です。 信長に反旗を示し、攻められ 最後には、平蜘蛛に爆薬を仕込んで 自爆した様子が描かれていました。 …

高槻城跡の場所

黒田官兵衛第11回の最後に紹介された 高山右近の高槻城跡の場所は 大阪府高槻市城内町 です。 大きな地図で見る 高山右近は、 君主自ら棺を担ぎ、お墓まで運んだそうです。 こういった行動が、支持者70%も生んだそうです。

黒田官兵衛の腹を割るに学ぶ

第十一回の黒田官兵衛。 秀吉の播磨出兵の取りやめから始まる 周りの者が浮足立つ。 そして、官兵衛の心も浮足立つ。 「本当に、こっちでよかったのだろうか?」 と、 自分が決めた決断に対して悩むこと。 ビジネスでもよくあることですよね。 そんな官兵衛…

黒田官兵衛の奇襲に学ぶ

第十回の黒田官兵衛。 毛利軍5000が攻めてきた。 城で待ちかまえたら、飲み込まれる。 どこかのタイミングで攻めるしかない。 でも、まともに攻めても適わない。 奇襲しかない。 この判断は、ビジネスにおいても加工すべきことかもしれません。 重臣の善助を…

英賀城の場所 あがじょう

黒田官兵衛 第十回で紹介されていた 英賀城(あがじょう)の場所は、 兵庫県姫路市飾磨区矢倉町2丁目 大きな地図で見る 英賀神社には、土塁の跡だったり、 黒田官兵衛が戦ったあとが残っているそうです。

なぜ黒田官兵衛に注目しているのか?それは企業が必要としている人材に他ならないから

なぜ黒田官兵衛に注目しているのか?それは企業が必要としている人材に他ならないから 黒田官兵衛は、今、企業が必要としている人材に他ならない。 なぜなら、 軍師として、自ら上司(君主)に提案し、自ら動くからだ。 だから、こうして記事に落とし込み、…

黒田官兵衛が行った社内調整

第九回目の黒田官兵衛は「社内調整」がテーマに感じました。 竹中半兵衛が行った「官兵衛の痛い所を打って、官兵衛を動かす」 という話からスタートしました。 黒田官兵衛は、竹中半兵衛に対し 「赤松と別所を説き伏せます。」 と宣言しました。 ここは、詳…

人と人がつながる瞬間

第八回目の黒田官兵衛は、「人と人のつながり」がテーマに感じました。 信長に初見した黒田官兵衛は、 思いもよらぬ進言を信長にしました。 正直、見ていて驚きました。 あれだけ威圧感を放つ信長に対し、 私だったら、初見の際にはあいさつ程度が無難と考え…

黒田官兵衛 第八回で紹介された岐阜城の場所

織田信長が全国統一を進める上で拠点としていた 岐阜城が紹介されました。 岐阜城の場所 岐阜県岐阜市金華山天守閣18 大きな地図で見る 信長の前には斉藤道三が居城していましたね。 城下に、楽市楽座の御札を立てていたり、 黒田官兵衛が授かった 圧切長…

誰につくか どの会社につくか どの派閥につくか

第七回目の黒田官兵衛は、「どっちに付くか?」がテーマ。 「どっちの派につくか?」 「どっちのグループに属するか?」 といった決断は サラリーマンでもよくあることだと思います。 黒田官兵衛は、織田軍につくのか?毛利軍につくのか?悩み 織田信長につ…

黒田官兵衛第七回の最後に紹介された安国寺の場所

黒田官兵衛に揺さぶりをかけてきた毛利軍が構えていた 郡山城の場所 広島県安芸高田市吉田町吉田郡山 ? 大きな地図で見る 郡山城跡 って検索すると、いいかもです。 そして、毛利郡の軍師的な存在である 安国寺 恵瓊(あんこくじ えけい)が住んでいた寺 安…

信長オンステージ

黒田官兵衛の第六回は、「織田信長オンステージ」 といってもいいくらいの回でしたね。 ・真の敵を探し、討つ ・果報な寝て待て といった言葉を、実践しているところが、さすがだと思いました。 私たちも、こうした ことわざや、古典的なコトバってあると思…

黒田官兵衛第六回の最後に紹介された荘厳寺と兵主神社の場所

黒田官兵衛第六回で紹介されていた 荘厳寺の場所は 兵庫県西脇市黒田庄町黒田1598 大きな地図で見る 荘厳寺にある家系図は、播磨黒田氏の起源と歴史を示すものとなっており、 必見ですね。 兵主神社の場所は 姫路市総社本町190 大きな地図で見る 兵主神社で…

黒田官兵衛と武兵衛との別れに見る君主と軍師。そしてNARUTOと共通すること

第五回の黒田官兵衛は、「別れ」がテーマでしたね。 赤松家との激しい戦いで、武兵衛が戦死し別れます。 こうした経験を通じて、黒田官兵衛も「戦を無くしたい」 という気持ちを強くしていくのでしょう。 そのために戦っている。 これ NARUTOも同じで…

黒田官兵衛第五回の最後に紹介された鶏籠山の場所

黒田官兵衛第五回の主戦場となった 赤松家が攻めてきた際に 赤松が構えた城があった場所が鶏籠山 兵庫県たつの市龍野町上霞城 大きな地図で見る 黒田官兵衛の古戦場は、 青山ゴルフクラブの敷地内にあります。 兵庫県姫路市青山1464 大きな地図で見る

黒田官兵衛の父・職隆の機転 逆心の疑いと官兵衛のジェントルマンぶり

黒田官兵衛 第四回は、父・職隆が逆心の疑いをかけられたことに対する対処 が主題でした。 逆心の疑いをかけられること。 ビジネスの現場でも、あるのではないでしょうか? 二回目の時に、 「外様が生き残るには、働くしかない。出過ぎたことはするな。出る…