花燃ゆで感じたことをビジネスに加工する

花燃ゆ 大河ドラマを観て感じたことをビジネスに加工するブログ

黒田官兵衛が行った社内調整

第九回目の黒田官兵衛は「社内調整」がテーマに感じました。

竹中半兵衛が行った「官兵衛の痛い所を打って、官兵衛を動かす」

という話からスタートしました。

 

黒田官兵衛は、竹中半兵衛に対し

「赤松と別所を説き伏せます。」

と宣言しました。

 

ここは、詳しく紹介されませんでしたが、

ビジネスに加工できるところが満載でした。

 

黒田官兵衛が、別所・赤松を説き伏せたポイント

 

別所を説き伏せたのは、

別所の君主が、学問好きというところと、年齢18歳というところを突いて

・事前に書状を出す。

・人に国柄を貸すなかれ(ろくりょう)

 →もう18歳なのだから、家臣(叔父)の言うことばかり聞くのではなく、

  自分の意思で動くプライドを揺さぶった

という2点でもって説き伏せた。

 

長年のライバルである

赤松を説き伏せたのは、

・今の世の形成を伝えた

こと。

 

これらは、ビジネスにおいて、もしくは社内調整においても、

加工できることではないでしょうか。

 

 

その後、実際に

別所・赤松と共に小寺政職が信長のもとに参上する。

という日取りが決まったのに、

播磨を出たことがない小寺が行きたくない。と言い出した。

 

なぜ?

その理由は、「ヤキモチ」だった。

黒田官兵衛が、信長につくとなった直後から、自分の仕事より、

信長の仕事を優先している向きがあったのだ。

官兵衛は、間違いなく、自社(小寺家)を想い、信長の仕事に迅速に従事していたのだが、

小寺には、そう見えなかった。

 

この現象も、現代のビジネス(特に社内)に見受けられないだろうか?

自身でも反省することもあった。

 

そこに気づいた黒田職隆もさすがだ。

 

 

そのあとです。

印象的なシーンがあったのは。。。

 

 

苦しむ官兵衛を予測してか

竹中半兵衛が、段取りして、

荒木村重を派遣し、

ようやく、小寺政職が無事に信長のもとに訪問するも、

小寺・別所・赤松

の3者が信長に挨拶する際の小寺氏の器が・・・

 

そのあと、竹中半兵衛に言われる一言である。

「いつまで、頼りにならない主君に振り回されているおつもりか?」

 

さすがに官兵衛も、激高してしまうが、

それは、官兵衛が痛い所を突かれたからだろう。

 

同じような経験をした中小企業のサラリーマンもいるかもしれない。

でも、官兵衛のように、あくまで主君に使える気持ちを失わないようにしたいものです。