花燃ゆで感じたことをビジネスに加工する

花燃ゆ 大河ドラマを観て感じたことをビジネスに加工するブログ

官兵衛が半兵衛に教わった軍師が大切にすべきこと

黒田官兵衛 13回も、

メインテーマは、官兵衛の秀吉への想いが、小寺政職の焼きもちを招いてしまうことでした。

部下が直属以外の上司を慕うと直属上司が焼きもちを焼く

 

官兵衛は、小寺家として成果を上げるため、

秀吉に従う覚悟を見せるため、城を秀吉に明け渡してしまう。

それが、また小寺政職のヒネクレを助長してしまう。

まさに、部下が別の上司のために働いたりすると、直属の上司が焼きもちをやくパターンと一緒ですね。

 

結局、官兵衛のアイデアから、秀吉と連携し、解決しましたが、

こういったケースは実際のサラリーマンの現場でもあることではないでしょうか。

注意したいものです。

 

ただ、1点学ぶことがある。

それは、軍師は、戦いだけ強いわけではない。

社内営業にも長けている。ということです。

媚びているわけではないですが、非常にクレバーに動いているな。って感じがします。

 

官兵衛が半兵衛に教わった軍師として大切にすべきこと

 

私は、「小寺はまだか」という題名のとおり、先のメインテーマとは別のところに今回着目しました。

 

官兵衛が秀吉からもらった義兄弟の契り文に浮かれているところを

竹中半兵衛から指摘を受けた際の言葉です。

 

紙切れより大事なものがあるはず。大義の前に、つまらぬ目録など無用。

 

なるほどな。と思いました。

 

竹中半兵衛は、一度世を捨てながら、秀吉に仕えました。

それは、

天下泰平。これほど面白い仕事はない。

ということが理由です。

 

軍師が主従する君主を探す過程として、学びを得ました。

 

自分と同じ大義を持つ君主を探し、実現するために軍師として仕える。

これですね。