花燃ゆで感じたことをビジネスに加工する

花燃ゆ 大河ドラマを観て感じたことをビジネスに加工するブログ

黒田官兵衛を称えた山中鹿介の一言

第14回の黒田官兵衛は、

引き裂かれる姉妹と題し、

織田についた黒田官兵衛と

毛利についた上月景貞とが戦うことで、

官兵衛の妻、光と

景貞の妻、力

の姉妹が敵味方に分かれる。

というテーマで描かれていました。

 

私は、

山中鹿介が官兵衛を評価した一言が印象に残りました。

 

『自らのしくじりを、つぶさに省みることができる。』

 

誰しも、仕事にしくじりは、つきもの。

その後、反省すること。

しかも、

つぶさに省みる。

これが将来の成長に大切なこと。

 

と、当たり前で、わかっていることですが、

再認識しました。

 

つぶさに省みることで、

同じようなことがあった際に

同じミスはしないですから。

 

(ちょっと話がそれますが、山中鹿介って、別所哲也さんが演じていられたんですね。

 見た感じ、まったくわからなかったです。)

 

今回も、官兵衛は、

感情を抑えきれないシーンがありました。

ドラゴンボールの孫悟空みたいなところがありますね。

 

 

軍師と聞くと、冷静沈着なイメージがありますが、

黒田官兵衛は、まだ、感情をコントロールしきれていない。

 

そこを、竹中半兵衛が、きっちりフォローする。

 

そして「また、やってしまった。」

と官兵衛が反省する。

 

この経験が、

つまり、竹中半兵衛がいたからこそ、

黒田官兵衛は軍師として大成したのだということを感じさせます。